廿世紀浴場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
廿世紀浴場
廿世紀浴場-dsc23055.jpg
廿世紀浴場の外観
開業 1929年昭和4年)
廃業 2007年平成19年)
建物の特徴
建築年 1929年(昭和4年)
建築構造・様式 洋風デザイン(アール・デコ
テンプレートを表示

座標: 北緯35度43分35秒 東経139度47分49秒 / 北緯35.726271度 東経139.797022度 / 35.726271; 139.797022

廿世紀浴場(にじっせいきよくじょう)[注 1]は、東京都台東区日本堤の銭湯昭和初期のモダンな洋風銭湯である。

概要[編集]

1929年(昭和4年)の建築で、平面配置は同時代の一般的な銭湯と同じく、左右対称に男湯と女湯が配置されたものである。当時の東京で銭湯といえば、社寺建築風のものが多かったが、ここでは洋風デザインを大胆に採用し、スクラッチタイル貼り・丁寧な左官仕事による装飾を伴った外壁・アーチつき鉄サッシ・スペイン瓦などのデザインが特徴的である。周囲の下町の街並みに比べ、特に異彩を放っている。「アール・デコ銭湯」と紹介されることも多いが、むしろアメリカで流行していたスパニッシュ様式や、武田五一などの折衷的なデザインに近い(ちなみにアール・デコは1925年パリ万国装飾美術博覧会で花開いたデザイントレンドである)。

贅を尽くして銭湯を建築するという時代があったが、その多くは宮型建築などに向かった。しかし、廿世紀浴場の建築は、その贅を尽くすという方向性が和風に向かわずアール・デコに向かったものであり、時代を象徴する建築のひとつであると言える。

2007年(平成19年)12月31日限りで廃業。現在は取り壊されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 廿世紀は、二十世紀の別表記。

出典[編集]

  1. ^ 解体される廿世紀浴場(トーキョーワッショイ 2009年5月28日)

外部リンク[編集]