延沢城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

延沢城(のべさわじょう)は、日本。所在地は山形県尾花沢市。霧山城や野辺沢城とも呼ばれた。国の史跡に指定されている。

logo
延沢城
山形県
延沢城址。天然記念物の大杉が奥に見える。
延沢城址。天然記念物の大杉が奥に見える。
別名 霧山城、野辺沢城
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 延沢満重
築城年 1547年(天文16年)
主な城主 延沢氏
廃城年 1667年(寛文7年)
遺構 櫓門跡・枡形門跡など
指定文化財 国指定史跡
位置 北緯38度34分4.5秒
東経140度28分3.3秒
地図
延沢城の位置(山形県内)
延沢城
延沢城

概要[編集]

  • 標高297メートルの丘陵の上にあった連郭式山城
  • 城跡(本丸跡)には
    • 目通り7.35メートル、樹高26メートル、推定樹齢1,100年ほどの大杉(県指定天然記念物
    • 櫓門跡や枡形門跡など。
    • 天人清水(小さな池)。

沿革[編集]

  • 1547年(天文16年) - 初代城主延沢薩摩守満重によって築城されたと伝えられている。延沢氏は後に天童八楯の一員。
  • 1622年(元和8年) - 仕えていた最上家取り潰しにより幕府に没収。
  • 1667年(寛文7年) - 幕府の手によって城郭は破却されたといわれる。その際、三の丸にあった大手門を尾花沢市龍護寺に移築したものとされる。
  • 1955年(昭和30年)10月25日 - 延沢城本丸跡の大杉が「延沢城跡のスギ」として山形県指定天然記念物となる。
  • 1962年(昭和37年)11月27日 - 尾花沢市龍護寺の山門(旧延沢城三の丸大手門を移築)が尾花沢市指定有形文化財となる。
  • 1985年(昭和60年)12月21日 - 「延沢銀山遺跡」の一部として国の史跡に指定される。

関連項目[編集]

座標: 北緯38度34分4.5秒 東経140度28分3.3秒 / 北緯38.567917度 東経140.467583度 / 38.567917; 140.467583