床板サンゴ類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
床板サンゴ類
生息年代: 488–251.4 Ma
オルドビス紀-ペルム紀
Syringoporid.jpg
アーカンソー州で出土した床板サンゴ類の骨格の化石
分類
: 動物界 Animalia
: 刺胞動物門 Cnidaria
: 花虫綱 Anthozoa
亜綱 : 六放サンゴ亜綱 Hexacorallia
: スナギンチャク目 Zoantharia
階級なし : 床板サンゴ類 Tabulata

床板サンゴ類(Tabulata)は、絶滅したサンゴの分類である。方解石の骨格で分けられたポリプとして知られる六角形の細胞が蜂の巣に似たコロニーを形成する。隣接するポリプは、小さな孔で繋がっている。際立った特徴は、各々の細胞内の水平方向の内壁(tabulae)は発達しているが、垂直方向のもの(septae)は少ないか欠けていることである。四放サンゴ類よりも小さいが、平板状から円錐状、球状と形はかなり多様性がある。

約300種が記載されている。有名なものはAulopora属、Favosites属、Halysites属、Heliolites属、Pleurodictyum属、Sarcinula属、Syringopora属等である。発達したサンゴの骨格は、しばしばChaetosalpinx等の内部共生生物を含む[1][2]

四放サンゴ類と同様に、古生代に棲息し、オルドビス紀からペルム紀まで地層から化石が見つかる。ストロマトポラ類や四放サンゴ類とともに、床板サンゴ類もシルル紀デボン紀の浅い海に特徴的な生物である。デボン紀に海面位が上昇すると床板サンゴ類の数は減少し、最終的にP-T境界で絶滅した。

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  • Invertebrate Fossils; Moore, Lalicker, & Fischer; McGraw-Hill 1952.
  • Treatise on Invertebrate Paleontology Part F, Coelenterata. Geological Society of America and Univ Kansas Press. R.C. Moore (ed).