平野純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平野 純(ひらの じゅん、1953年12月20日 - )は、日本の小説家東京都生まれ。本名・淳。東北大学法学部卒。1983年、柳川春町の筆名で「日曜日には愛の胡瓜を」で文藝賞受賞。刊行時には平野純の名であった。

著書[編集]

  • 『日曜日には愛の胡瓜を』河出書房新社 1983
  • 『アスパラガス白書』講談社 1985
  • 『カルデラ湖殺人事件』河出書房新社 1987
  • 『上海黙示録殺人事件 長編冒険コメディ』双葉ノベルス 1988
  • 『上海バビロン』河出書房新社 1990
  • 『上海コレクション』(編)1991 ちくま文庫
  • 『白モクレンの樹の下で』角川書店 1994 

参考[編集]

  • 『文藝年鑑2007』