平尾彰子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平尾 彰子(ひらお あきこ、1985年昭和60年)[1]。- )は、日本の学者博士(理学)[2][1]、元鶴岡工業高等専門学校物質工学科助教[3]、専門は時間栄養学・時間運動学[1]

略歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 2009年(平成21年) - XI Congress of European Biological Rhythm Society 旅費補助者表彰[7]
  • 2010年(平成22年) - 早稲田大学創立125周年記念奨学生表彰(第1位通過)[7]
  • 2011年(平成23年) - 第10回杉田玄白賞(史上最年少受賞)[7][2]
  • 2011年(平成23年) - 2011年度ネスレ栄養科学会議論文賞[7]
  • 2012年(平成24年) - 2011年度小野梓記念賞・学術賞[8]
  • 2013年(平成25年) - 第12回インテリジェント・コスモス奨励賞[9]

出演[編集]

著作物[編集]

単著
  • 『体内時計の科学と産業応用』第3編・第11章「体内時計が栄養・食物摂取に及ぼす効果」 平尾彰子(著) シーエムシー出版(出版) 2011年[5]
  • 『かにかくに、時間栄養学の視点から体内時計を考える』 平尾彰子(著) 御食国若狭倶楽部(出版) 2012年[5][1]
共著
  • 『体内時計の科学と産業応用』第3編・第10章「食品の体内時計に対する効果」 平尾彰子、柴田重信(著) シーエムシー出版(出版) 2011年[5]
博士論文
  • 平尾彰子, 「マウス末梢体内時計への給餌性同調の栄養学的解明」 早稲田大学 博士論文, 甲第3941号, 2013年, NAID 500000574734[2]
論文
  • 田原優, 平尾彰子, 坪井琢磨, 田中麻貴, 吉田晶子, 柴田重信「マウス視交叉上核と網膜における光誘導性の位相シフトに関するグリシンのc-fos発現への影響」『日本生理学会大会発表要旨集』第2008巻、日本生理学会、2008年、 090-090頁、 doi:10.14849/psjproc.2008.0_090_3NAID 130005449527
  • 平尾彰子, 田原優, 井筒裕之, 本間さと, 本間研一, 柴田重信「栄養素摂取によって引き起こされるマウス肝臓時計遺伝子発現リズム」『日本生理学会大会発表要旨集』第2008巻、日本生理学会、2008年、 198-198頁、 doi:10.14849/psjproc.2008.0.198.1NAID 130007039203
  • 平尾彰子, 柴田重信「時間栄養学 (特集 時間薬理学--最適な投与方法を求めて)」『医薬ジャーナル』第45巻第6号、医薬ジャーナル社、2009年6月、 102-106頁、 ISSN 02874741NAID 40016705218
  • 平尾彰子「マウス肝臓体内時計への給餌性同調における栄養素の効果」『人間科学研究』第23巻第1号、早稲田大学人間科学学術院、2010年3月、 44-44頁、 ISSN 1880-0270NAID 120005260266
  • 柴田重信, 平尾彰子「時間栄養学とはなにか」『日本薬理學雜誌』第137巻第3号、日本薬理学会、2011年3月、 110-114頁、 doi:10.1254/fpj.137.110ISSN 00155691NAID 10029417255
  • 平尾彰子, 柴田重信「体内時計を用いた理想的な食生活作りのために」『顕微鏡』第47巻第2号、日本顕微鏡学会、2012年6月、 83-86頁、 doi:10.11410/kenbikyo.47.2_83ISSN 13490958NAID 10030794049

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 「環境と健康」 Vol.26 No.2 Summer 2013 執筆者紹介
  2. ^ a b c d 『国立国会図書館サーチ・平尾彰子・博士論文』
  3. ^ a b c d 『山形新聞』2012年3月6日号
  4. ^ a b c d 鶴岡工業高等専門学校・教員業績
  5. ^ a b c d 平尾彰子 早稲田大学 学位申請 研究業績書
  6. ^ 『山形新聞』2014年1月30日号
  7. ^ a b c d 『第10回杉田玄白賞パンフレット・平尾彰子氏のプロフィール』
  8. ^ 2011年度小野梓記念賞授章者一覧
  9. ^ 第12回インテリジェント・コスモス奨励賞受賞者一覧
  10. ^ 早稲田大学先進理工学研究科電気・情報生命専攻 柴田研究室 メディア情報