平尾彰子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平尾 彰子(ひらお あきこ、1985年昭和60年)[1]。 - )は、日本学者博士(理学)[2][1]、元鶴岡工業高等専門学校物質工学科助教[3]、専門は時間栄養学・時間運動学[1]

略歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 2009年(平成21年) - XI Congress of European Biological Rhythm Society 旅費補助者表彰[7]
  • 2010年(平成22年) - 早稲田大学創立125周年記念奨学生表彰(第1位通過)[7]
  • 2011年(平成23年) - 第10回杉田玄白賞(史上最年少受賞)[7][2]
  • 2011年(平成23年) - 2011年度ネスレ栄養科学会議論文賞[7]
  • 2012年(平成24年) - 2011年度小野梓記念賞・学術賞[8]
  • 2013年(平成25年) - 第12回インテリジェント・コスモス奨励賞[9]

出演[編集]

著作物[編集]

単著
  • 『体内時計の科学と産業応用』第3編・第11章「体内時計が栄養・食物摂取に及ぼす効果」 平尾彰子(著) シーエムシー出版(出版) 2011年[5]
  • 『かにかくに、時間栄養学の視点から体内時計を考える』 平尾彰子(著) 御食国若狭倶楽部(出版) 2012年[5][1]
共著
  • 『体内時計の科学と産業応用』第3編・第10章「食品の体内時計に対する効果」 平尾彰子、柴田重信(著) シーエムシー出版(出版) 2011年[5]
博士論文
  • 『マウス末梢体内時計への給餌性同調の栄養学的解明』 平尾彰子(著) 学位:博士(理学) 授与大学:早稲田大学 2013年[2]
論文

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 「環境と健康」 Vol.26 No.2 Summer 2013 執筆者紹介
  2. ^ a b c d 『国立国会図書館サーチ・平尾彰子・博士論文』
  3. ^ a b c d 『山形新聞』2012年3月6日号
  4. ^ a b c d 鶴岡工業高等専門学校・教員業績
  5. ^ a b c d 平尾彰子 早稲田大学 学位申請 研究業績書
  6. ^ 『山形新聞』2014年1月30日号
  7. ^ a b c d 『第10回杉田玄白賞パンフレット・平尾彰子氏のプロフィール』
  8. ^ 2011年度小野梓記念賞授章者一覧
  9. ^ 第12回インテリジェント・コスモス奨励賞受賞者一覧
  10. ^ 早稲田大学先進理工学研究科電気・情報生命専攻 柴田研究室 メディア情報