平井嘉一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平井嘉一郎(ひらい かいちろう、1907年12月24日 - 2001年1月20日 )は日本の経済人経営者ニチコン社長会長京都府京丹後市出身。

人物[編集]

平井嘉一郎記念図書館(立命館大学)

1940年昭和15年)、立命館大学法学部を卒業。1951年昭和26年)、経営難に陥っていた関西二井製作所に経営者として入り、1957年昭和32年)に社長就任。1961年昭和36年)に社名を「日本コンデンサ工業株式会社」に変更。その後会長に就任し、現在のニチコンの事実上の創業者として会社の礎を築いた。2001年平成13年)1月20日に93歳で亡くなった[1]

2013年平成25年)1月17日母校立命館大学への長年の寄与を称えられ、学校法人立命館より「名誉館賓」の称号夫人とともに授与された。夫人は、夫の意思を継ぎ、2006年平成18年)に立命館大学法学研究科法務研究科の学生らを支援する目的で「平井嘉一郎研究奨励賞」を設置するなどした他、2016年(平成28年)に衣笠キャンパスに竣工した「平井嘉一郎記念図書館」[2][3]の建設費用の大部分を寄付した[4][5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 立命館Headline News 2013年1月
  2. ^ 図書館は地下2階、地上3階建て、のべ15,000m2。座席数2,000席。重厚な西洋式建築は夫人のデザインしたもの。館内には平井嘉一郎を顕彰するミュージアムも設置される予定。建設費用は約45億円(引用元:2013年1月18日 京都新聞記事、同年1月19日 読売新聞記事)。
  3. ^ 記念図書館完成予想図(立命館大学衣笠キャンパス構内)
  4. ^ ニチコン創業者の遺志継承 妻が立命大に図書館 寄贈(2013年1月18日 京都新聞)
  5. ^ 立命大、寄付金で新図書館 卒業生・元社長の遺志(2013年1月19日 読売新聞)