希望の街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
希望の街
City of Hope
監督 ジョン・セイルズ
脚本 ジョン・セイルズ
製作 サラ・グリーン
マギー・レンジ
製作総指揮 ジョン・スロス
ハロルド・ウェルブ
出演者 ヴィンセント・スパーノ
トニー・ロビアンコ
音楽 メイソン・ダーリング
撮影 ロバート・リチャードソン
編集 ジョン・セイルズ
配給 アメリカ合衆国の旗 サミュエル・ゴールドウィン・カンパニー
日本の旗 セテラ・インターナショナルオンリー・ハーツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年10月11日
日本の旗 1992年11月13日
上映時間 129分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $1,345,015[2]
テンプレートを表示

希望の街』(きぼうのまち、原題:City of Hope)は、1991年制作のアメリカ合衆国の映画ジョン・セイルズ監督。

あらすじ[編集]

ニュージャージー州ハドソン・シティに暮らすイタリア系の青年ニックは父ジョーの建設会社で働いていたが、この街の悪徳政治家の横暴や街のスラム化に人生の意味を見い出せず、漠然とした焦燥感に駆られて、ある日突然仕事を辞めてしまう。ニックは悪友2人と電気店に押し入るが、失敗し逮捕される。

一方、悪徳市長バッチはスラム街の最開発をめぐる利権を巡って地方検事と対立していた。

また一方、黒人のストリート・キッズがジョギング中の大学教授レスを襲ったが、反対に教授はゲイで正当防衛で殴ったと証言して波紋を呼び、黒人団体はこの事件を利用して白人弾劾を叫んでいた。

やがてこの三者は複雑に絡み合っていく。

キャスト[編集]

評価[編集]

本作は高い評価を受け、数々の賞にノミネートされ、以下の賞を受賞した。

脚注[編集]

  1. ^ Gerry Molyneaux, "John Sayles, Renaissance Books, 2000 p 195.
  2. ^ City of Hope (1991) - Box Office Mojo
  3. ^ 第4回東京国際映画祭
  4. ^ 1991 Spirit Awards at IMDb

外部リンク[編集]