市村九郎右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

市村 九郞右衞門(いちむら くろうえもん、新字体:九郎右衛門)は、歌舞伎役者名跡

かつては市村羽左衛門市村竹之丞市村竹松などとともに、江戸三座の一つ市村座の座元(座を主宰し芝居小屋を経営する者)が襲名する名跡だった。

  • 初代 市村九郎右衛門
    • 市村座の前身山村座の座元・村田九郎右衛門、1622–52。初代座元・村山又三郎の女婿で、承応元年 (1652) に座元を継ぐが、すぐにその興行権を市村宇左衛門に売却、その後間もなく死去した。後代市村座では、歴代の座元にこの山村座の座元だった村山又三郎と村田九郎右衛門を加え、これに初代と二代目の「市村宇左衛門」を追贈した(市村宇左衛門本人は三代目とした)。このため「村田九郎右衛門」には市村姓を冠して「初代市村九郎右衛門」とみなすようにもなった。
    • 村田九郎右衛門(=贈二代目市村宇左衛門 =初代市村九郎右衛門)