嶋井澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

嶋井 澄(しまい きよし、1917年大正6年)10月26日 - 2013年平成25年)1月13日)は日本の実業家、元日立物流社長。山口県出身。

略歴[編集]

  • 1917年(大正6年) - 市蔵の長男として生まれる。
  • 1942年(昭和17年) - 大阪大学機械工学科卒業、日立製作所入社。日立工場副工場長・笠戸工場工場長などを歴任。
  • 1975年(昭和50年) - 同社代表取締役就任。
  • 1977年(昭和52年) - 同社代表取締役常務就任。
  • 1981年(昭和56年) - 同社代表取締役専務就任。
  • 1983年(昭和58年) - 日立運輸(現・日立物流)代表取締役社長就任。
  • 2013年(平成25年)1月13日 - 心不全のため、東京都文京区の病院で死去、95歳。[1]

参考[編集]

  • 交詢社 第69版 『日本紳士録』 1986年

脚注[編集]

  1. ^ 嶋井澄さん死去 元日立物流社長 有名人の葬儀 2013年1月16日