崇宗 (西夏)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
崇宗 李乾順
西夏
第4代皇帝
王朝 西夏
在位期間 1086年8月 - 1139年7月1日
姓・諱 李乾順
諡号 聖文皇帝
廟号 崇宗
生年 大安10年(1084年
没年 大徳5年6月4日
1139年7月1日
恵宗
昭簡皇后
后妃 耶律皇后
任皇后
陵墓 顕陵
年号 天儀治平 : 1086年-1089年
天祐民安 : 1090年-1097年
永安    : 1098年-1100年
貞観    : 1101年-1114年
雍寧    : 1114年-1118年
元徳    : 1119年-1127年
正徳    : 1127年-1134年
大徳    : 1135年-1139年

崇宗(すうそう)は西夏の第4代皇帝。中興の英主として評価されている。

生涯[編集]

恵宗の急死により、わずか3歳で即位。当初は先代に続いて祖母の梁太后が実権を掌握し、その専横による弊害で政治腐敗が進んだ。さらに軍事力も衰退し、北宋が機に乗じて国内に侵入、西夏軍は敗退している。永安2年(1099年)に16歳で親政を始めると、梁氏一族を誅殺。また官僚制度を整備、賦役を軽減するとともに、農業振興として水利事業に着手するなどの改革を行い、西夏の国力を充実させ、経済的、政治的にも大いに発展した。

またこの時期は北宋、の衰退期であり、崇宗は遼と同盟を結んで宋へ侵攻、その版図を拡大し、またの攻撃を受けた遼の天祚帝が亡命を求めた際には、この要求を拒絶し、金と協力して遼を滅亡させ、河西千余里の地を領域に組み込むなど、外交的にも大きな功績を挙げた。

先代:
恵宗
西夏の第4代皇帝
1086年 - 1139年
次代:
仁宗