岡田和子 (チェンバロ奏者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡田 和子
出生名 岡田 和子
出身地 日本の旗 群馬県
ジャンル クラシック音楽
職業 チェンバロ奏者シンセサイザー奏者
担当楽器 チェンバロシンセサイザー

岡田 和子おかだ かずこ)は、日本チェンバロ奏者、シンセサイザー奏者シンセサイザーの演奏時は、宮尾祥子の名義で活動している。

来歴[編集]

デビューまで[編集]

子供の頃よりピアノを学び、1967年、西川清子[1]に師事しチェンバロを始める。 1969年ウィーンに留学し、エタ・ハーリッヒ=シュナイダー[2]に師事。 1971年ミュンヘンカール・リヒターに師事。 1974年チェコスロヴァキア政府交換留学生としてブラチスラヴァ音楽院でスザナ・ルージィチコヴァ、ロベルト・グラッツに師事。

チェンバロ奏者として[編集]

1972年、第一回ソロリサイタルを開く。その後ボフダン・ヴァルハル&スロヴァキア室内楽団、佐藤菊夫指揮東京都交響楽団、クルト・レーデル指揮 宮城フィルハーモニーオーケストラ、早川正昭指揮、新ヴィヴァルディアンサンブル、西川清子、スザナ・ルージィチコヴァ、ジャン=ピエール・ランパル、マリアン・バンダ、ハナ・シュトルファヴァ、ミロシュ・ユルコヴィチ、ロバート・マナッセらと共演した。 1988年チェコスロヴァキアのピエスチャニー夏期音楽祭に参加。 1989年ブラチスラヴァ国際音楽祭に参加。

シンセサイザー奏者として[編集]

現座、シンセサイザーでの芸術的技巧の探求をしており、1995年にはシンセサイザーでの演奏を開始、その年の東京電機大学での実験コンサートは大成功をおさめ、シンセサイザーでのあらゆる可能性を探し続けている。

ディスコグラフィ[編集]

CD[編集]

  • Meet Mr. Bach Today(現代バッハとの出会い シンセサイザー煌くゴルトベルク変奏曲)
  • Meet Mr. Bach Again(現代バッハ 再び シンセサイザー彩るフルート・ソナタ)

DVD[編集]

※以前、グレン・グールドに手紙を出し、グレン・グールドより自身に返事があったという場面に出演。

脚注[編集]

  1. ^ 西川清子はチェンバロ奏者で佐藤菊夫の妻。
  2. ^ ナチスから逃れ1941年に来日、1949年まで日本のクラシック界に貢献。日本音楽の研究でも知られる。de:Eta Harich-Schneiderfr:Eta Harich-Schneider

関連項目[編集]

外部リンク[編集]