岡山デ・ショール人形芝居フェスティバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡山デ・ショール人形芝居フェスティバルは、岡山県岡山市で開催される人形劇のフェスティバル。岡山に根づく人形劇の祭典を目指す。2012年8月にプレ祭を天神山文化プラザで開催し、岡山と関西から10劇団が上演した[1]

概要[編集]

なにわ人形芝居フェスティバルの事務局長で、脚本・演出家の秋山シュン太郎が、出身県岡山でのフェスティバル旗揚げをした。現在、岡山では喜之助フェスティバルが瀬戸内市で行われているが、岡山市内は10数年前にフェスティバルが途絶えていた。フェスティバル開催をきっかけに人形劇団の横のつながりを持ち、本格的なプロの創設も視野に入れている。

参加劇団[編集]

2012年プレ祭: つんちゃん劇場(岡山)、人形劇団おもちゃばこ(岡山)、くらしき作陽大学子ども教育学部附属児童文化部ぱれっと(岡山)、シニアミュージカル劇団発起塾(岡山)、人形劇サークルやさい畑(岡山)、人形劇団クッキー(岡山)、人形劇団クラルテ(大阪)、ねぎぼうずSAYOプロジェクト(大阪)、人形歌劇団パペレッタ(兵庫)、人形劇団京芸(京都)

脚注[編集]

  1. ^ 2012年8月18日山陽新聞25版岡山都市圏「岡山を人形劇の街に」参照