山科言国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
山科言国
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 享徳元年(1452年
死没 文亀3年2月28日1503年3月26日
官位 権中納言
主君 後花園天皇後土御門天皇
氏族 山科家
父母 父:山科保宗、養父:山科顕言
正室:高倉永継
言綱
テンプレートを表示

山科 言国(やましな ときくに)は、室町時代後期から戦国時代にかけての公卿。『言国卿記』の著者。

経歴[編集]

山科家庶流・山科保宗の子として誕生。正室は高倉永継の娘。

本家の山科顕言寛正3年(1462年)、嗣子無きまま没したため、その養子となり家督を相続した。官位権中納言