山科言国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山科言国(やましなときくに、享徳元年(1452年) - 文亀3年2月28日1503年3月26日))は、室町時代公家権中納言。父は山科保宗、子に山科言綱正室は、高倉永継の女。山科家の庶流に生まれるが、本家の山科顕言寛正3年(1462年)、嗣子無きまま没したため養子となり、本家を相続。『言国卿記』の著者。