山田裕朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 裕朗(やまだ ひろあき、1962年7月11日- )は、日本実業家山田食品産業社長。

人物・来歴[編集]

埼玉県所沢市生まれ。國學院大學経済学部卒。

大学卒業後は一般企業に就職し、経理部門に配属されるも3年で退職、実家が経営する山田食品産業に就職。2006年、先代である父親の跡を継ぎ4代目社長に就く。[1]

現在は埼玉県を中心に山田うどんを関東一円に展開している。

埼玉西武ライオンズのファンでもある。[2]

略歴[編集]

  • 1985年 - 國學院大學経済学部卒、一般企業に入社
  • 1987年 - 山田食品産業株式会社入社
  • 1996年 - 同 取締役
  • 2006年 - 同 代表取締役社長

脚注[編集]

  1. ^ “山田食品産業株式会社 代表取締役社長 山田裕朗氏”. 『飲食の戦士たち』. (2015年6月9日). http://in-shoku.info/foodfighters/vol486.html 2015年7月22日閲覧。 
  2. ^ “山田うどん×吉田山田”. 吉田山田オフィシャルサイト. http://www.yoshidayamada.com/3anniversary/vol002/index.html 2015年7月22日閲覧。