山本藤信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 藤信(やまもと ふじのぶ、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

師系・経歴不明。作画期は宝暦から明和頃にかけてで、主に美人画役者絵などを描く。石川豊信風の紅摺絵を描き、後に鈴木春信風に変化している。なお版元丸屋小兵衛(山本氏、丸小)と同一人ともいわれるが定かではない。

作品[編集]

版本挿絵[編集]

版画[編集]

肉筆画[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款・印章 備考
娘と若衆図 1幅 77.7x17.3 東京国立博物館
柳下傘持ち美人図 紙本著色 1幅 78.5x17.0 ケルン東洋美術館 款記「藤信寫」/「藤」朱文方印[1]

脚注[編集]

  1. ^ 文化財保存修復学会編集・発行 『海外所在日本美術品調査報告8 ケルン東洋美術館 絵画』 1999年3月30日、pp.89,128。

参考文献[編集]