山本菊子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やまもと きくこ
山本 菊子
生誕1884年
日本の旗 日本 熊本県天草
死没1923年4月(39歳没)
国籍日本の旗 日本
別名満州お菊
職業馬賊

山本 菊子(やまもと きくこ、1884年 - 1923年4月)[1]とは、日本生まれで満州で活動した馬賊[1]

生涯・人物[編集]

熊本県天草の生まれ[1]。7歳で朝鮮京城の料理屋に売られ、各地を転々とした末、ロシアブラゴヴェシチェンスクの酒場に落ち着く[1]。処刑寸前の馬賊を救って馬賊に加わると、きっぷの良さと義侠心が認められその頭目となる[1]。通称は満州お菊[1][注 1]。部下は100騎以上いた[1]。菊子の発行する通行手形は信用が高かったという[1]1923年、大陸で死亡。39歳だった[1]

ポップ・カルチャーでの山本菊子[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 中国語にすると满洲阿菊だが、中国では似た名前の「西伯利亚阿菊(シベリアお菊)」「大陆阿菊(大陸お菊)」との間で混乱が生じている。山本菊子はシベリアお菊にされ、満州お菊は河村菊子という名前の女スパイになっている(“阿菊”——日本“妓女间谍学校”的代号”. 捜狐 (2019年2月16日). 2020年2月20日閲覧。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『日本女性人名辞典』日本図書センター、1998年、1075-1076頁。ISBN 978-4820578819 

外部リンク[編集]