山口高実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山口 高実(やまぐち たかざね、生年未詳 - 永徳3年(1383年))は室町時代武蔵国国人山口高清の父。山口城城主。三河守。

慶安元年(1368年)、武蔵平一揆で息子山口高清が自刃すると、永徳3年(1383年)、南朝の協力の下再び関東公方足利氏満上杉憲顕と戦うが敗れ、討死した。