尾上泰次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おのえ たいじろう
尾上 泰次郎
屋号 音羽屋
定紋 重ね扇に抱き柏 Kasane Ōgi ni Daki Gashiwa inverted 3.png
生年月日 1909年8月27日
没年月日 (1927-09-02) 1927年9月2日(18歳没)
出身地 東京都 日本橋
五代目尾上榮三郎
兄弟 七代目尾上榮三郎(兄)

尾上泰次郎(おのえ たいじろう、1909年明治42年)8月27日 - 1927年昭和2年)9月2日)は歌舞伎役者。屋号音羽屋定紋重ね扇に抱き柏、替紋は四ツ輪

来歴・人物[編集]

兄と同じく東京都日本橋に生まれた。父は五代目尾上榮三郎。兄は七代目尾上榮三郎

1914年(大正3年)1月、尾上泰次郎を襲名。

1926年(大正15年)5月7日金沢市にて、兄の榮三郎が呼吸器疾患のため25歳で死去した[1]。その時、父の六代目尾上梅幸(五代目尾上榮三郎より改名)と共に榮三郎の最期を看取っている[1]

だが、泰次郎も生来病弱であり、榮三郎の死から僅か1年4か月後の1927年昭和2年)9月2日夭折した。

将来を嘱望していた子供2人に先立たれてショックを受けたのか、六代目梅幸は泰次郎の死から7年後の1934年(昭和9年)に亡くなった。

脚注[編集]