小金井神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小金井神社
所在地 東京都小金井市中町4-7-2
位置 北緯35度41分42.1秒 東経139度30分33.6秒 / 北緯35.695028度 東経139.509333度 / 35.695028; 139.509333 (小金井神社)座標: 北緯35度41分42.1秒 東経139度30分33.6秒 / 北緯35.695028度 東経139.509333度 / 35.695028; 139.509333 (小金井神社)
主祭神 菅原道真
創建 元久2年(1205年)
テンプレートを表示

小金井神社(こがねいじんじゃ)は東京都小金井市中町にある神社である。

歴史[編集]

元久2年(1205年)武蔵野開拓にあたり創建された、菅原道真を祀る天満宮。宝暦元年(1751年)当時の名匠である江戸神田に住む粉川市正康信に、 道真公の坐像(高さ42.4センチ)の彫刻を依頼、現在これが御神体として祀られている。 また、御本堂は宝暦年間の造営であるが、拝殿は明治27年に建てられてたものである。

祭神[編集]

宝物類[編集]

  • 享保17年7月寄進の長い木刀
  • 文化元年9月寄進の幕
  • 天保9年9月氏子奉納の力石2個
  • 天保14年9月芝増上寺64代大僧正梵誉密賢筆天満宮の奉納額
  • この地の刀工金井信重製の宝剣一振
  • 昭和48年6月市民奉納の石うす塚

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]