小苅米晛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小苅米 晛(こがりまい けん、1939年 - 1980年8月7日)は、日本の演劇評論家。 岩手県一戸出身。早稲田大学文学部演劇学科中退。41歳で急逝した。

著書[編集]

  • 『憑依と仮面 劇的想像力の世界』せりか書房 1972年
  • 『葡萄と稲 ギリシア悲劇と能の文化史』白水社 1977年
  • 『図像のフォークロア イコン・民俗・ドラマ』駸々堂 1982年
  • 『鏡像としての現実 小苅米晛劇評集1971-1980』而立書房 1987年

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 『図像のフォークロア イコン・民俗・ドラマ』略歴、山口昌男による序文