小柳磨毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小柳 磨毅(こやなぎ まき)とは、日本理学療法の専門家。大阪電気通信大学教授、一般社団法人アスリートケア代表[1]

人物・略歴[編集]

主にスポーツ障害のリハビリテーションを専門としている。特に高校野球の甲子園大会では、舞台裏で理学療法士として故障選手の対処やリハビリテーションを行っており、世話になった選手は少なくない。また、高野連による選手の肩・ひじの障害予防を啓発するビデオ『PITCH SMART II 〜投手のための肩・ひじの障害予防法〜』の内容検討に参加するなど、予防面でも深く関わっている。

主な所属学会等[編集]

  • 日本高等学校野球連盟 医科学委員会 委員
  • 社団法人大阪府理学療法士会 理事
  • スポーツ傷害フォーラム 世話人
  • 日本理学療法士学会
  • 日本臨床バイオメカニクス学会
  • 日本体力医学会

著書[編集]

出典[編集]