小林幾英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 幾英(こばやし いくひで、生没年不詳)とは、明治時代の浮世絵師

来歴[編集]

落合芳幾の門人。本姓は小林、名は英次郎。飛幾亭、箴飛亭(しんぴてい)と号す。作画期は明治18年(1885年)から明治31年(1898年)の頃にかけてで、たて1枚及び3枚続の「東京名所」シリーズや「東錦倭風俗」の3枚続物の他、明治20年代に鉄道錦絵、憲法発布、磐梯山噴火図などを主に名所絵風俗画戦争絵を描いている。

作品[編集]

  • 「浅草公園富士山繁栄之図」 大判錦絵3枚続 ※明治20年
  • 東京名所之内 雪中吾妻橋の図」 大判錦絵3枚続 ※明治21年から明治23年
  • 東京名所之内 日本橋真景」 大判錦絵3枚続 郵政博物館所蔵 ※明治21年から明治23年
  • 「岩代国磐梯山噴火之図」 大判錦絵3枚続 ※明治21年
  • 「憲法発布式祝祭図」 大判錦絵9枚続 ※明治22年
  • 「憲法祭御発輦之図」 大判錦絵3枚続 ※明治22年
  • 「新演劇川上一座佐賀暴動記ノ内 甲ノ浦の場」 大判錦絵3枚続 早稲田大学演劇博物館所蔵([1][2][3]) ※明治24年
  • 「我軍占領地軍用鉄道」 大判錦絵3枚続 ※明治28年
  • 「日本海陸軍万歳威海衛附近大激戦之図」 大判錦絵3枚続 ※明治28年
  • 「台湾人民降参之図」 大判錦絵3枚続 ※明治28年
  • 「奠都三十年祝賀祭御遊覧之図」 大判錦絵3枚続 ※明治31年

参考文献[編集]