小林勝民

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小林勝民

小林 勝民(こばやし かつたみ、文久2年4月5日[1]1862年5月3日) – 昭和18年(1943年7月7日[2])は、日本の衆議院議員立憲国民党立憲同志会憲政会)。ジャーナリスト弁護士

経歴[編集]

駿河国益津郡藤枝(現在の静岡県藤枝市)出身[3]。和漢学、英学法学を学んだ[2]。『朝野新聞』記者、『日刊民報』記者、『静岡民友新聞』主筆、『台湾民報』主筆、雑誌『国士』主筆、雑誌『大亜細亜』主筆などを務めた[2]。また台北市に弁護士事務所を開いた[1]

1912年(明治45年)、第11回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第12回衆議院議員総選挙でも再選を果たした。

その他、台湾物産株式会社取締役、台湾石鹸株式会社監査役などを務めた[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第4版』 人事興信所、1915年
  • 細井肇 『現代日本の政治家』 国光社、1916年
  • 衆議院・参議院編 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1962年