小曽根星海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小曽根 星海(こぞね せいかい、嘉永4年(1851年)5月 – 明治37年(1904年6月5日)は、明治時代実業家書家篆刻家である。

星海は通称は晨太郎(しんたろう)。長崎の人。

略伝[編集]

小曽根乾堂嫡男。幼少より家庭にて英才教育を受け、13歳のときに父・乾堂と越前に赴き、松平春嶽に謁見。17歳のときに中国上海に渡って雑貨を商い、1年後に長崎に帰る。明治18年の乾堂没後は小曽根家第14代当主となり、精力的な事業活動を行う。汽船業、鉄工所・製陶所の起業、山野の開墾・海浜の埋め立てなどの土木事業、百個以上の家屋の改築工事などである。このうちの製陶所は亀山焼の再興という父・乾堂の遺志を引き継ぎ、邸内に窯を開いたことが始まりで明治24年から同32年まで続いた。

長崎の富豪となって市会議員・県会議員に選出され、赤十字社特別社員にもなった。貧困救済や育英事業に惜しみなく寄付をしたが、とりわけ小曽根小学校の発展に尽力した。また、有志を募って浪平神社の山腹を拓いて遊園地とした。

画技を好み、篆書隷書を能くし、篆刻に巧みであった。

明治37年に死去。享年54。墓所は浪平太平寺。

参考文献[編集]