小川登喜男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小川 登喜男(おがわ ときお、1908年 - 1949年)は、日本の登山家東京都出身。

東京高等学校 (旧制)東北帝国大学東京帝国大学で、山岳部に属し、スキー登山により、蔵王八幡平で活躍し、東大では、谷川岳一之倉沢穂高岳屏風岩、剣岳雪稜などを初登攀した。 肺結核で若死にし、長く、その登山の偉業が知られることがなかったが、東北帝国大学時代に残した日記の精査により、近年、伝記が上梓され、昭和の天才登山家と評されるまでになっている。

参考文献[編集]

  • 『銀嶺に向かって歌え』(みすず書房 2013年)

外部リンク[編集]