小川双々子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小川 双々子(おがわ そうそうし、本名:小川二郎 (おがわ じろう)[1]1922年9月13日 - 2006年1月17日[1])は、俳人

岐阜県出身。1941年に「馬酔木」に入門。加藤かけい山口誓子などに師事し、1953年第4回「天狼」賞受賞、1955年「天狼」同人。1958年「河口」を発行、1963年「地表」を創刊、主宰になる。2005年現代俳句協会の第5回「現代俳句大賞」を受賞する[1]

経歴[編集]

瀧実業学校(現滝高等学校)甲種商業科を卒業後、住友本社に入社。1953年より1959年まで胸部疾患により、病臥に臥す。1959年カトリックに受洗し、のち名古屋の出版社黎明書房に入り、定年まで勤める。一時期、広島平和祈念式典に参列した。1984年、韓国カトリック200年記念式典に参列し、それを基に「近きより」31句を「地表」に発表。

1988年、アンカレッジ経由でローマアッシジバルセロナモンセラットルルドなどを巡礼した。絵画制作にも情熱を捧げ、1974年より洋画展「幻展」を名古屋市で開催、16回に及んだ。現代俳句協会副会長、同顧問、東海地区現代俳句協会会長、中部日本俳句作家会運営委員長を歴任した。

2006年1月17日、愛知県内の病院で心不全のため83歳で死去した[1]

著書(句集)[編集]

  • 幹幹の声 1962年 天狼俳句会
  • くろはらいそ 1969年 祭魚書房
  • 命命鳥 1970年 祭魚書房
  • 三千抄 1974年 祭魚書房
  • あゐゑ抄 1975年 祭魚書房
  • 憂鬼帖(小川双々子句集) 1975年 海程戦後俳句の会
  • 囁囁記 1982年 湯川書房 文庫版は1998年に邑書林より刊行 
  • 小川双々子全句集 1990年 沖積舎
  • 異韻稿 1997年 現代俳句協会
  • 荒韻帖 2003年 邑書林

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d 訃報・2006年1月”. 岐阜新聞web. 2013年8月25日閲覧。