小島英揮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小島 英揮(おじま ひでき、1969年2月3日 - )は、日本の実業家

経歴[編集]

高知県出身。明治大学卒業。

PFUアドビシステムズを経て、2009年から2016年までAWS(Amazon Web Services)のマーケティング本部長として従事。また、この間、日本最大規模のクラウドコミュニティ「JAWS-UG」を発足させ、多くのエンジニアがそこへの参加を通じて次世代のITを創出することとなり、IT業界全体に大きな貢献を果たした[1]。2016年、コミュニティマーケティングを考える「CMC_Meetup」の発起人。

現在はStill Day Oneの合同会社代表社員を務める他、ABEJAマーケティングディレクター、Stripe Japanテクノロジー・エバンジェリスト、ヌーラボ執行取締役、MOONGIFTコミュニティアドバイザー等々、国内外のスタートアップで、マーケッターやエバンジェリストとしてディレクターを務め、パラレルキャリアを実践している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]