実徳グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

実徳グループ中国語: 实德集团)は中国遼寧省大連に本拠がある建築資材製造をおもにしている企業である。創業者・社長は徐明である。大連実徳足球倶楽部の親会社として有名だった。薄煕来事件の影響により、崩壊した。

概要[編集]

実徳グループは中国・遼寧省大連市に本拠がある建築資材製造をおもにしている企業である。創業は1992年で、創業者は・社長は徐明である[1]

建築資材以外に、金融会社(大連銀行中国太平洋保険英語版など)への投資もしている[2][3]。大連市以外では、大連実徳足球倶楽部のメインスポンサーとして知られていた。

2012年11月、大連実徳グループは120億元の負債を抱えていたため破産手続きを開始した[4]

薄煕来の不正蓄財に関わったとして逮捕された代表の徐明は服役中の2015年に死亡した[5]

脚注[編集]

  1. ^ 大連实德集団有限公司(互動百科)[出典無効](中国語)
  2. ^ 徐明の紹介(2014年2月23日時点のアーカイブ) 社長(中国語)
  3. ^ 業務内容の紹介(2013年12月7日時点のアーカイブ(中国語)
  4. ^ 大连实德被曝负债120亿 传进入破产程序(2012年11月9日時点のアーカイブ) 人民網、2012年11月6日掲載、2013年1月27日閲覧。(中国語)
  5. ^ “薄煕来氏に「贈賄」証言の大富豪が謎の獄中死 44歳で持病ないのに死因は心筋梗塞 死亡後直ちに火葬 残る不自然さ”. 産経ニュース (産経新聞社). (2015年12月7日). http://www.sankei.com/world/news/151206/wor1512060029-n1.html 2017年3月12日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]