宗鏡録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

宗鏡録(すぎょうろく)は、中国五代十国呉越から北宋初の僧、永明延寿が撰した仏教論書、100巻。

961年の成立である。

撰者の延寿は、雪峰義存の弟子である翠巖令参のもとで出家し、天台徳韶の嗣法となった僧である。延寿の主著が、本書であり、禅をはじめとして、唯識華厳天台の各宗派の主体となる著作より、その要文を抜粋しながら、各宗の学僧によって相互に質疑応答を展開させ、最終的には「心宗」によってその統合をはかるという構成になっている。

この総合化の姿勢は、その『万善同帰集』にも見られるものであり、後世になって、「禅浄双修」「教禅一致」が提唱された時、延寿の著書が注目されることとなった。

大正新脩大蔵経』第48巻「諸宗部」5に収録されている。

脚注・出典[編集]