安達巌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
陸上競技
パラリンピック
1964 東京 100m
1964 東京 立ち幅跳び
競泳
パラリンピック
1964 東京 50m 平泳ぎ

安達 巌(あだち いわお, 1939年10月 - 2006年9月5日)は、大阪府出身の画家

1948年にのひなを飼うために捕まえようと、変電所鉄塔に登ったところ、つかんだ高圧電線により感電し両手を失うことになった。翌1949年、母の死亡を経験するが12歳の1951年に始めて筆をくわえて絵を描いた。世界身体障害芸術家協会、口と足で描く芸術家協会などの会員となり、インターナショナルハンディキャップアーティスト展では1983年、1986年に2回世界一に輝いており、1996年にはクリスマス絵画展部門で世界一となった。

1964年には東京パラリンピックに出場し、競泳50m平泳ぎで金メダル、陸上競技の100mと立ち幅跳びでも銅メダルをそれぞれ獲得した[1]

2006年9月5日、脳内出血により死去。

出典[編集]

  1. ^ “強い反骨心 周囲を魅了”. 読売新聞. (2009年5月8日). http://osaka.yomiuri.co.jp/tokusyu/efude/ef90508a.htm 2009年6月6日閲覧。 

外部リンク[編集]