安斗阿加布

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

安斗 阿加布(あと の あかふ、生没年不詳)は、日本の飛鳥時代の人物である。[1]。阿刀若麻呂の子とする系図がある。672年壬申の乱で大海人皇子(天武天皇)に従い、東海道に軍の動員を命じる使者になった。

壬申の乱を起こした大海人皇子は、6月26日までにまず美濃国伊勢国が味方についたことを知った。そこで伊勢国朝明郡郡家から、さらに東海(東海道)と東山(東山道)の軍を発するための使者を遣わすことにし、山背部小田と安斗阿加布が東海への使者になった。彼等は無事に任務を果たしたらしい。安斗阿加布については他に記録がない。

系譜[編集]

  • 父:阿刀若麻呂[2]
  • 母:不詳
  • 生母不詳の子女

脚注[編集]

  1. ^ 安斗氏(阿刀氏・安都氏)の出自は安都雄足の項を参照。
  2. ^ a b c d 鈴木真年『百家系図』巻46,阿刀宿祢

参考文献[編集]

  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会,1986年