守川周重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

守川 周重(もりかわ ちかしげ、生没年不詳)とは、明治時代浮世絵師

来歴[編集]

豊原国周の門人。姓は守川、歌川も称す。名は音次郎。喜蝶斎、一梅斎と号す。明治2年(1869年)頃から活動し、西南戦争の時には3枚続の「鹿児島記聞」などを描いている。また、師の国周に倣って役者絵の作品も多い。後に、『絵入新聞』の挿絵や仮名垣魯文の『高橋阿伝夜叉譚』、久保田彦作の『俳優三十六句撰』の表紙、挿絵を描いた。作画期は明治15年(1882年)頃までであった。

参考文献[編集]

  • 吉田漱 『浮世絵の見方事典』 北辰堂、1987年

関連項目[編集]