守川周重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

守川 周重(もりかわ ちかしげ、生没年不詳)とは、明治時代浮世絵師。歌川周重とも号す。

来歴[編集]

豊原国周の門人。姓は守川、歌川も称す。名は音次郎。喜蝶斎、喜蝶楼、一梅斎、一梅楼と号す。明治2年(1869年)頃から活動し、西南戦争の時には大判3枚続の「鹿児島紀聞」などを描いている。また、師の国周に倣って役者絵の作品も多い。特に3枚続の役者絵、芝居絵を多く描いている。明治10年、明治11年ころ、南本所石原町18に住んだ。後に日本橋浜町1丁目3に住んでおり、『絵入新聞』の挿絵や小説挿絵、表紙絵などを描いた。仮名垣魯文の『高橋阿伝夜叉譚』(明治12年、上中下巻の外装及び挿絵・守川周重落款)、久保田彦作の『俳優三十六句撰』の表紙、挿絵を描いた。作画期は明治15年(1882年)頃までであった。

作品[編集]

  • 「豊国実入獅子舞」 大判2枚続 明治2年
  • 「東京築地ホテル館上総海上遠景図」 大判 明治3年
  • 「国姓爺一世一代新作狂言」 大判 明治5年
  • 「一谷嫩軍記」 大判3枚続 明治7年
  • 「鹿児島紀聞」 大判3枚続 明治10年 歌川周重落款
  • 「亀井戸梅屋敷御遊覧の図」 大判3枚続 明治11年
  • 「東京家宝力競」 大判3枚続 明治12年
  • 「品定花の花」 大判3枚続 明治12年
  • 「キンドル散広告引幕」 大判3枚続 明治13年
  • 「藤御園牡丹花盛」 大判3枚続 明治13年
  • 「上野公園地第二内国勧業博覧会一覧図」 大判3枚続 明治14年
  • 「見立大将揃 佐久間玄蕃允盛政 市川左団次」 大判

参考文献[編集]