宇治 (砲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇治
艦歴
計画 1937年マル3計画
起工 1940年1月20日 大阪鉄工所
進水 1940年9月26日
就役 1941年4月30日
その後 終戦時上海に残存
除籍 1945年10月25日(大日本帝国海軍)
1979年(人民解放軍)
性能諸元 (竣工時)
排水量 基準:999t 公試:1,110t
全長 80.5m
全幅 9.70m
吃水 2.45m (公試平均)
主缶 ホ号艦本式缶2基
主機 艦本式タービン2基2軸 4,600hp
速力 19.5kt
航続距離 2,500NM / 14kt (重油170t)
乗員 158名
兵装
(竣工時)
12cm連装高角砲1基
12cm単装高角砲1門
25mm連装機銃2基
留式7.7mm機銃2挺

宇治(うじ/うぢ[1])は、日本海軍橋立型砲艦の2番艦。この名を持つ日本海軍の艦船としては2隻目。

艦歴[編集]

大日本帝国海軍[編集]

1941年(昭和16年)大阪鉄工所で竣工。1942年(昭和17年)揚子江部隊の旗艦。1944年(昭和19年)に上海方面根拠隊へ移動、船団護衛に従事した。終戦時上海で残存、中華民国軍に接収され「長治」と改名された。

中国[編集]

1945年9月13日上海にて接収され、元乗組員28名が国府軍の訓練に協力した。1947年から48年にかけて渤海方面での戦闘に従事。1949年9月に上海を失陥すると本艦は呉淞口の封鎖を下命された。しかし19日に中華人民共和国海軍に鹵獲されてしまった。9月22日に安徽省大通江で国府軍の爆撃を受け撃沈。

同年12月に浮揚、江南造船廠で修理し「八一」と改名し再就役。1950年4月には「南昌」と改名し、新編の第6艦隊旗艦となった。また兵装を13cm単装砲2門、37mm機関砲6挺に改装している。1979年に除籍。

艦長[編集]

艤装員長
  • 鈴木正明 中佐:1940年11月15日[2] - 1941年4月30日[3]
艦長
  • 鈴木正明 中佐:1941年4月30日[3] -

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部 編『写真 日本の軍艦 第9巻 軽巡Ⅱ』(光人社、1990年) ISBN 4769804598
  • 田村俊夫「未発表写真で綴る戦中・戦後の砲艦「宇治」」上、下
海人社『世界の艦船』1996年4月号 No.509 p100~p107、1996年5月号 No.510 p209~p215

関連項目[編集]