宅田裕彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

宅田 裕彦(たくだ ひろひこ、1955年4月21日 - )は、日本の工学者京都大学エネルギー科学研究科・エネルギー応用科学専攻資源エネルギー学講座の教授。工学博士。大阪府高石市出身。

経歴[編集]

大阪府高石市出身。高石小学校・大阪市立天王寺中学校・高校を卒業し、京都大学理学部に入学。京都大学大学院工学研究科修士課程資源工学専攻を修了する。京都大学にて工学博士号取得。

略歴[編集]

  • 1980年(昭和55年)4月 - 京都大学工学部助手に任官
  • 1984年(昭和59年)11月 - 京都大学工学博士号取得
  • 1988年(昭和63年)10月 - 京都大学工学部講師に昇任
  • 1994年(平成6年)11月 - 京都大学工学部助教授に昇任
  • 1996年(平成8年)4月 - 京都大学大学院工学研究科に配置換え
  • 1996年(平成8年)5月 - 京都大学大学院エネルギー科学研究科に配置換え
  • 2002年(平成14年)4月 - 京都大学大学院エネルギー科学研究科教授に昇任