子守歌 (ガーシュウィン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

子守歌」(こもりうた、Lullaby)は、アメリカの作曲家ジョージ・ガーシュウィン1919年に作曲した弦楽四重奏のための作品。訳さずに「ララバイ」とも呼ばれる。

概要[編集]

この作品は、1919年に作曲された。

作曲の経緯については定かではないが、生前は出版されず、ガーシュウィンの死後30年余りを経て、1968年にようやく出版された。作詞家として弟ジョージと共に多くのヒット曲を世に送り出した兄のアイラ・ガーシュウィンは「他の有名な作品と同列には扱えないでしょうが、私はこのチャーミングで慈しみを持った音楽が大好きです」というコメントを残している。つまりガーシュウィンの“隠れた逸品”ということである。

なお、この曲は元来弦楽四重奏のために書かれているが、弦楽合奏で演奏されることもある。演奏時間は約7分である。