嬉遊笑覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

嬉遊笑覧(きゆうしょうらん)は、喜多村信節が江戸時代後期の風俗習慣、歌舞音曲などについて書いた随筆。文政13年 (1830年) 発刊。 各巻上下2章から成る全12巻と付録が1巻。各項目を和漢古今の文献を引用して解説し、体系的に整理した百科事典的な書物で、江戸風俗を知る有益な資料として知られる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]