奥祖谷二重かずら橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
奥祖谷二重かずら橋(男橋)
奥祖谷二重かずら橋(女橋)

奥祖谷二重かずら橋(おくいやにじゅうかずらばし)は、徳島県三好市奥祖谷地区を流れる祖谷川に架かるかずら橋である。四国八十八景四国のみずべ八十八カ所選定。

概要[編集]

志度合戦に敗れた平家一族が馬場での訓練に通うため架設したと伝わる吊橋。かずら橋が2本並んで架かっている為、通称「男橋女橋」とも「夫婦橋」などとも呼ばれている。これら2本の橋の他、「野猿」と呼ばれる人力ロープウェイも架かっている。

  • 男橋 下流側 長さ42m、幅2m、水面からの高さ12m
  • 女橋 上流側 長さ22m、幅1.2m、水面からの高さ4m

アクセス[編集]

風景[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 奥祖谷二重かずら橋 - 大歩危・祖谷観光ナビ
  2. ^ 4月1日から11月30日までの、土日祝祭日、大型連休、春・夏休み、紅葉期間の運行。それ以外の日または冬季は運休。
  3. ^ 東祖谷スクールバス【かずら橋・剣山】運行日(2020年) (PDF) 三好市

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度51分12.6秒 東経134度2分44.6秒 / 北緯33.853500度 東経134.045722度 / 33.853500; 134.045722