奥村源六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奥村 源六(おくむら げんろく、生没年不詳)は、江戸時代初期の浮世絵師、版元。初期浮世絵版画時代の代表的版元の一軒であった。

来歴[編集]

奥村政信の門人といわれる。奥村氏。奥村源六と号し、落款に「大和絵師」と冠することが多かった。政信の子、あるいは養子、兄弟等とする諸説がある。享保1716年1736年)前、中期に作画をしており、横判、細判の墨摺筆彩色の絵が10点ほどと紅絵が確認されている。代表作として、横中判の墨摺筆彩画「うき世きぬたうち」が挙げられる。画風は政信に酷似しているが、僅かに源六の個性が認められる。その殆どが和泉屋権四郎版であった。

初代の源八というのは奥村政信のことを指しており、享保期に通塩町に地本問屋、奥村屋(鶴寿堂)を開業した政信からその店の経営を受け継いで奥村屋の2代目となり、天明期まで営業していた。版元としては政信の紅絵漆絵奥村利信の漆絵、鳥居清満北尾政演錦絵を出版している。

作品[編集]

  • 「うき世きぬたうち」横中判 墨摺筆彩 題名がない異版がある
  • 「見立芥川」 横中判 墨摺筆彩
  • 「市川門之助」 細判 墨摺筆彩 江見屋版 異版に「萩野伊三郎」がある(荻野の誤りと思われる)
  • 「市村玉柏の長刀を持つ女武道」 細判 紅絵 享保初期

出版作品[編集]

  • 奥村政信 『色子三幅対』 細判 漆絵3枚組 享保
  • 奥村政信 『芝居狂言舞台顔見世大浮絵』 横大々判 紅絵 元文5年 ※浮絵
  • 奥村政信 『上杉謙信と武田信玄』 細判 漆絵2枚組 享保ころ
  • 奥村利信 『なつもやうむねあけ三幅対・奥村一流おどり子風』 細判 漆絵 元文ころ
  • 鳥居清満 『(九世)市村羽左衛門の蜘蛛のばけ子ぞう』 細判 錦絵 明和2年(1765年)11月市村座顔見世『降積花二代源氏』の大詰浄瑠璃『蜘蛛絲梓弦』に取材
  • 北尾政演 『団七妹お中 (四世)岩井半四郎』 細判 錦絵 安永9年(1780年)

参考図書[編集]