奥村寅吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奥村 寅吉(おくむら とらきち、1878年明治11年)2月10日 - 1971年昭和46年)6月1日)は、日本剣道家。流派直心影流剣術、奥村二刀流剣術。称号剣道範士

経歴[編集]

奥村二刀流開祖奥村左近太の長男として生まれる。父の幼名であった寅吉と名付けられる。4歳から父より直心影流と奥村二刀流を学ぶ。2年間は面打ちの稽古ばかりさせられたという。

1900年(明治33年)、京都皇宮警察の警手に奉職。京都皇宮警察の撃剣師範三橋鑑一郎武蔵流)に師事し、後に武蔵流の免許皆伝を授かる。

1903年(明治36年)、父より直心影流と奥村二刀流の免許皆伝を授けられ、皇宮警察の剣道師範と大日本武徳会本部の剣道教授を務める。

1917年(大正6年)5月27日、皇居吹上御苑での天覧武術大会に出場。

1928年(昭和3年)2月、皇宮警察を退職し、岡山に帰郷。大日本武徳会岡山支部並びに関西中学校の剣道教師を務める。

1971年(昭和46年)6月1日、死去。享年93。弟子に光輪洞合気道を開いた平井稔がいる。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]