大須賀亮照

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大須賀 亮照(おおすが りょうしょう)は、群馬県出身の空手道指導者である。現在、高崎経済大学附属高等学校公民科教師であり、空手道部の指導にあたっている。群馬県立高崎商業高等学校駒澤大学のOBである。

前任校群馬県立渋川女子高等学校でも空手道部を3回インターハイに導くなど、空手道の指導者として有名であった。現任校に異動後も、空手道部を熱心に指導し多くの実績をあげている。なかでも、平成19年3月に和歌山県で行われた第26回全国高校空手道選抜大会では、全国第三位(優勝した御殿場西高校に準決勝で惜敗)となった。

箕輪城下の名刹・法峰寺(天台宗、高崎市箕郷町西明屋、箕輪小学校裏)の副住職をつとめる僧侶でもある。僧籍に入るため改名している。(旧名は飯田将秀)

外部リンク[編集]