大規模な災害の被災地における借地借家に関する特別措置法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大規模な災害の被災地における借地借家に関する特別措置法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 大規模災害借地借家法、被災地借地借家法
法令番号 平成25年6月26日法律第61号
種類 民法
効力 現行
関連法令 民法借地借家法など
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

大規模な災害の被災地における借地借家に関する特別措置法(だいきぼなさいがいのひさいちにおけるしゃくちしゃくやにかんするとくべつそちほう)とは大規模な災害の被災地における借地借家についての特別措置を定める日本法律である。

この法律の要点[1]は、

  1. 大規模な災害により借地上の建物が滅失した場合について、借地権者による借地契約の解約を容易にする制度等を創設
  2. 大規模な災害の被災地における暫定的な土地利用に対する需要に応えるため、存続期間を5年以下とするとともに、更新を認めない短期の借地権の設定を可能とする制度を創設

であり、罹災都市借地借家臨時処理法に代わるものとして制定された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]