大田部身万呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
おおたべ みまろ
大田部 身万呂
生誕 大田部 身万呂
不詳
日本の旗 日本武蔵国児玉郡草田郷
死没 不詳
日本の旗 日本武蔵国児玉郡草田郷
国籍 日本の旗 日本
職業 開墾者
著名な実績 武蔵国児玉郡草田郷の開墾

大田部 身万呂(おおたべ みまろ、生没年不詳)は、平安時代武蔵国児玉郡草田郷(現・埼玉県本庄市栄3丁目から西富田付近)の戸主



概略[編集]

1986年、本庄市栄3丁目に所在する薬師元屋舗遺跡の発掘調査中に出土した紡錘車(ほうすいしゃ)に刻まれていた人物の名が大田部身万呂である。紡錘車には、「武蔵国児玉郡草田郷戸主大田部身万呂」と記されていた。大田部氏朝廷の新田開発集団が基の氏族であり、身万呂はその末裔と考えられる。つまり、有道氏(後の児玉氏)が移住する以前から児玉郡を開墾していた氏族である(児玉氏が郡南部から北部へ広がったのに対し、大田部氏は郡北部を開発していたものと見られる)。

草田郷の発見[編集]

和名類聚抄』(10世紀中頃に成立)の記録によると、児玉郡には黄田郷があったと記述されている。その発音から現在の児玉町吉田林(きたばやし)の周辺が比定地とされてきた。ところが、当遺跡から出土した紡錘車によって、『和名類聚抄』の記述が誤記である事が判明し、黄田郷が存在しない事が判った。『和名類聚抄』が田郷を田郷と誤って記述してしまった事が分かり、その結果、草田郷の所在地は現在の本庄市栄3丁目から西富田の付近に存在したと言う事も判った。平安時代の出土物(遺物)によって書物に記述された記録が誤記だと判明した珍しい事例であり、考古学的にも重要な資料である。

備考[編集]

  • 1戸の平均人口は50人ほどとされる。そして1郷は50戸とされる為、身万呂は2500人の中の戸主と言う事になる。当時の児玉郡は4郷から成り、人口は1万人ほどだったと考えられている。
  • 高山寺本(平安時代末期の写本)と名博本ではちゃんと「草田郷」と記されているのに対し、東急本(室町時代中期の写本)では「黄田郷」と記されている。この事から9世紀の初めまでは草田郷と呼ばれていたのは確かである。
  • 古代男性の人名につけられる「○○マロ」とは、太郎や一郎と同様に長男を意味するものと考えられて[要出典]おり、遵って、身万呂も長男と見られる。また、ミマロのミから年生まれではないかとの考察もある。

参考文献[編集]

  • 『本庄歴史缶』
  • 『本庄人物事典』
  • 『上里町史』

関連項目[編集]