大村西崖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大村 西崖(おおむら せいがい、明治元年10月12日1868年11月25日) - 昭和2年(1927年3月8日)は、日本美術史家・美術評論家。幼名は、塩沢峰吉。雅号は、無記庵、など。多数の著書、美術書を刊行した。

経歴[編集]

駿河国富士郡水戸島村(現在の静岡県富士市)で、塩沢茂三郎の次男として生まれる。庵原郡富士川村岩淵(現・静岡県富士市)の大村桂蔵の養子として、明治25年(1892年)12月19日大村家に入籍。新間雲屏に師事して絵画・彫刻・鑑定を学ぶ。

1893年に東京美術学校彫刻科を卒業(第1回の卒業生であった)後、京都に赴き、教員や雑誌編集者を務める。1896年に母校である東京美術学校の助教授に採用される。一時退職していたが、1898年に復職して、1905年に教授にすすんだ。彫刻、美術、美学、考古学、東洋史、東洋美術史を講じた。

「無記庵」の号で『東京日日新聞』に美術批評を寄稿した。帝室博物館監査部彫刻科主任、古社寺保存計画調査員を歴任した。『密教発達志』全5巻により帝国学士院賞を受賞した。

著書[編集]

  • 東洋美術小史 審美書院 1906
  • 阿育王事蹟 森鴎外共著 春陽堂、1909 
  • 『支那絵画小史』審美書院、1910年7月
  • 日本絵画小史 審美書院、1910 
  • 希臘羅馬諸神伝 審美書院 1912 
  • 『支那美術史彫塑篇』、仏書刊行会図像部、1915年。
  • 『密教発達志』全5巻、仏書刊行会図像部、1918
  • 獲古図録 だるまや書店、1923 

関連項目[編集]