大村由紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大村 由紀子(おおむら ゆきこ)は、RKB毎日放送報道部の記者で、元アナウンサー。

経歴[編集]

福岡県出身。九州大学を卒業後、1989年アナウンサーとしてRKBに入社。同期は下田文代服部義夫。アナウンサー時代は、報道・情報系の番組を中心に担当していた。

その後報道部に異動(同じ道をたどった人に下田や後輩の高藤秋子らがいる)。報道・ドキュメンタリーのディレクターなどを務めている。一連の薬害肝炎問題で長期取材を続け、それらをまとめたドキュメンタリーが2008年6月3日ギャラクシー賞報道活動部門選奨を受賞した。

アナウンサー時代担当した番組[編集]

関連項目[編集]