大木ミノル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおき みのる
大木 ミノル
Minoru Ohki
別名義 百田ぶん平
生年月日 (1967-12-27) 1967年12月27日(51歳)
出生地 日本の旗大阪府大阪市
国籍 日本
血液型 O
職業 映画監督

大木 ミノル(おおき ミノル、Minoru Ohki、1967年12月27日 - )は映画監督脚本家プロデューサー大阪府西淀川区出身。伯父は日本アカデミー賞最優秀照明賞受賞の中岡源権

来歴・人物[編集]

  • 2001年に某大手企業の課長代理を辞職。
  • 2008年映像制作会社AMIエンターティメントを創設、独自のオリジナル映画作品を発表する。
  • 2011年よりシアターセブンにて映画イベントを開催している。
  • 2014年、第一回映画少年短編映画祭において『時空脱獄NINJA』が技術賞を授与される。
  • 2014年、第一回伊賀の國忍者映画祭において『時空脱獄NINJA ジライヤ』が審査員特別賞を授与される。
  • 2015年、バリ島日本芸能芸術アカデミーにおいて『時空脱獄NINJA ジライヤ』が文化交流貢献賞を授与される。
  • 2015年、バリ島孤児院Yappenatimより感謝状受賞

作品[編集]

長編映画[編集]

短編映画[編集]

  • 『死神おじさん』(最寄りの怪談・シリーズ)(2012年)阿脚本のみ
  • 『恐怖映像』(最寄りの怪談・シリーズ)(2012年)脚本のみ
  • 『蠅女』(最寄りの怪談・シリーズ)(2012年)脚本のみ
  • 『夏の桜』(最寄りの怪談・シリーズ)(2012年)脚本のみ
  • 『女流作家の苦悩』(大阪最後の日・シリーズ)(2013年)
  • 『印刷戦線異状なし』(大阪最後の日・シリーズ)((2013年)
  • 『借金チキン』(大阪最後の日・シリーズ)((2013年)
  • 『取り合う二人』(大阪最後の日・シリーズ)((2013年)
  • 『接触事故』(大阪最後の日・シリーズ)((2013年)
  • 『大阪最後の日』(大阪最後の日・シリーズ)((2013年)
  • 時空脱獄NINJA』(2014年)第一回映画少年短編映画祭 技術賞
  • ロボネッジときーす君 第一話』(2014年)百田ぶん平名義
  • 妖怪剣客 』(2015年)
  • 自動車工場 』(2016年)
  • 姉妹物語 』(2016年)
  • なっちゃんの朝 』(2017年)撮影&VFX
  • 『そういうモノに』(2017年)撮影&VFX

舞台[編集]

  • 『隠密剣客』(2014年)映像監督担当

ミュージックビデオ[編集]

  • 『うち泣かへんII /天水春伽』(2014年)
  • 『トキノマキナ / yuria type-D』(2017年)
  • 『どんなときも / ヲクイ鍵盤塾』(2018年)
  • 『サクラサク/ 藤田さくら』(2018年)

監修[編集]

  • 『放送デキナイ 死ノ動画』(2016年)監修担当
  • 『放送デキナイ 死ノ動画2』(2016年)監修担当
  • 『放送デキナイ 死ノ動画3』(2016年)監修担当
  • 『放送デキナイ 死ノ動画4』(2016年)監修担当
  • 『放送デキナイ 死ノ動画5』(2016年)監修担当
  • 『放送デキナイ 死ノ動画6』(2016年)監修担当
  • 『狂気霊映像 ノゾキアナ』(2016年)監修担当
  • 『狂気霊映像 ノゾキアナ2』(2016年)監修担当
  • 『放送デキナイ 死ノ動画 ベスト』(2017年)監修担当
  • 『放送デキナイ 真・死ノ動画 12』(2018年)監修担当

TVCM[編集]

  • 『神戸リハビリテーション福祉専門学校』(2015年)監督・VFX担当
  • 『北須磨ドライビングスクール』(2016年)監督・VFX担当
  • 『神戸三宮エートー』(2018年)監督・VFX担当

ラジオ・ネット配信番組[編集]

  • 『奈良町わいがやTV』(KCN系列奈良ケーブルTVにて放送)
  • 『はんなりおきばりわいわいラジオ』(FM GIG)
  • 『徳丸新作・杉本忠宏の奈良のサムライNOW』(DEERs NARA Ustream放送)
  • 『徳丸新作と芝山真知子のサタデーナイトエキスポ』(ならどっとFM 84.2MHz)
  • 『IDOBATA ホラー噺』(DEERs NARA ニコニコ生放送)
  • 『IDOBATA ホラー噺・笑』(AbemaTV放送)
  • 『トンデモシネマTV』(AbemaTV放送)

その他[編集]

  • 『グラインド・カフェNEO』(劇場イベント)
  • 『トンデモ・シネマLIVE in シアターセブン』(劇場イベント)
  • 『DVDの流儀』(2012年 読売新聞)

外部リンク[編集]