大岩弘法院磨崖仏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大岩弘法院磨崖仏(おおいわこうぼういんまがいぶつ)は、福岡県田川郡香春町の大岩弘法院にある磨崖仏。香春町指定文化財。

金剛界を表す巨岩に刻まれた摩崖仏で、岩の下には胎蔵界を表す長さ20.5mの洞窟がある。制作年代は不明だが、江戸時代以降のものとされる。

巨岩には、金剛薩埵(こんごうさった)を中央に、右に虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)、左に天忍骨尊(あめのおしほねのみこと)を配した三尊と、釈迦如来種子「भः」(バク)、不動明王の種子「हां」(カーン)の2つの梵字が刻まれている。天忍骨尊は天照大神の子であり、香春岳二之岳及び英彦山神宮の主神である。

年中行事[編集]

毎月第2日曜日 - 護摩供

外部リンク[編集]