大和侑也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大和 侑也
基本情報
本名 松本 侑也
階級 ウェルター級NJKF
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1990-11-20) 1990年11月20日(28歳)
出身地 愛知県
身長 173cm
体重 63kg
テンプレートを表示

大和 侑也(やまと ゆうや、1990年11月20日 - )は、日本男性プロキックボクサー。本名は松本 侑也(まつもと ゆうや)。愛知県出身。大和キックボクシングジム所属。現NJKFウェルター級王者、WBCムエタイ日本ウェルター級王者。

来歴[編集]

2008年3月16日、KAMINARIMON名古屋大会・70kgトーナメントに出場し、優勝を果たした[1]

2008年5月11日、リングネームを大和 侑也に改名してNAGOYA KICK 〜BoogieFight4〜でプロデビューし、加藤大輔に判定勝ち[2]

2008年7月27日、ニュージャパンキックボクシング連盟に初参戦し、上田龍之介に判定負け[3]

2009年6月21日、NJKF新人王決定トーナメント・ウェルター級決勝で真琴と対戦し、KO勝ちで新人王を獲得した[4]

2010年5月9日、NJKFウェルター級王座決定戦で高橋誠治と対戦し、TKO勝ち。19歳で王座を獲得した[5]

2010年9月26日、WBCムエタイルール日本統一ウェルター級王座次期挑戦者決定戦で一貴と対戦し、右ハイキックでKO勝ち[6]宮越宗一郎への挑戦権を獲得した。

2010年11月7日、NJKFで川端健司と対戦し、3Rに3度のダウンを奪われKO負けを喫した[7]

2011年5月14日、THAI FIGHTで、昨年の覇者であるWBCムエタイ世界スーパーライト級王者ファビオ・ピンカと対戦し、3Rに肘によるカットでTKO勝利。

2011年5月29日、NJKFのMuayThaiOpen 16でTHAI FIGHT 67kgトーナメント日本代表決定戦の準決勝で、WMAF世界ウェルター級王者一貴と対戦し、2RKO負け。

2011年7月17日、ニュージャパンキックボクシング連盟「15周年記念シリーズ NEW JAPAN BLOOD 7」のWBCムエタイ日本ウェルター級タイトルマッチで王者宮越宗一郎と対戦し3-0の判定勝ちを収め新王座に就いた[8]

2011年8月7日、THAI FIGHT EXTREME JAPANのチーム対抗戦でファビオ・ピンカと対戦し判定負けを喫した。

2012年5月20日、ホーストカップ2012~Depature~でM-1ライト級王者カノンスック・ウィラサクレックと対戦し、判定勝ち

戦績[編集]

プロキックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
20 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
14 9 5 0 0 0
6 3 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
K・ルークプラバーツ 2R 2:13 KO(右ローキック) ニュージャパンキックボクシング連盟「Muay Thai Open2」 2012年7月29日
カノンスック・ウィラサクレック 3R終了 判定3-0 ホーストカップ2012Depature 2012年5月20日
× ファビオ・ピンカ 3R終了 判定(非公開) THAI FIGHT EXTREME JAPAN
【INTERNATIONAL TEAM vs TEAM SAMURAI 第2試合】
2011年8月7日
宮越宗一郎 5R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「15周年記念シリーズ NEW JAPAN BLOOD 7」
【WBCムエタイ日本ウェルター級タイトルマッチ】
2011年7月17日
× 一貴 2R 1:15 KO(右フック) MuayThaiOpen 16
【THAI FIGHT 67kgトーナメント日本代表決定戦 準決勝】
2011年5月29日
ファビオ・ピンカ 3R TKO(肘打ちによる顔面カット) THAI FIGHT Extreme in France 2011年5月14日
× 川端健司 3R 1:39 KO(3ノックダウン:左フック) ニュージャパンキックボクシング連盟「熱風 拾」 2010年11月7日
一貴 1R 2:05 KO(右ハイキック) The Path to the World Champion WBCムエタイ世界王者への道
【WBCムエタイルール日本統一ウェルター級王座次期挑戦者決定戦】
2010年9月26日
K・ルークプラバーツ 5R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟「熱風 零七 〜桜井洋平FINAL」 2010年8月1日
高橋誠治 4R 0:45 TKO(ドクターストップ:右瞼カット) ニュージャパンキックボクシング連盟「熱風 零四」
【NJKFウェルター級王座決定戦】
2010年5月9日
× クンスック・アラビアジム 3R終了 判定0-3 NAGOYA KICK 〜CENTRAL RHYTHM〜 2010年3月14日
為房厚志 5R終了 判定2-1 ニュージャパンキックボクシング連盟「熱風 零壱」
【NJKFウェルター級王座決定トーナメント 準決勝】
2010年1月24日
YUMA 1R 1:00 KO 大和ジム創立40周年&名古屋JKファクトリー創立20周年記念興行
「THE ORIGIN OF KICK BOXING 〜キックの源流 大和魂集結!〜」
2009年12月23日
× 高橋誠治 2R 2:18 TKO(レフェリーストップ:カット) ニュージャパンキックボクシング連盟
「ROAD TO REAL KING 14」
2009年11月28日
DAI 1R 1:05 KO(右フック) ニュージャパンキックボクシング連盟
「WBCムエタイルール日本統一王座決定戦 〜ROAD TO REAL KING 11〜」
2009年9月23日
真琴 3R 0:39 KO(レフェリーストップ:右フック) ニュージャパンキックボクシング連盟
「GO FOR BROKE 〜ROAD TO REAL KING VII〜」
【NJKF新人王決定トーナメント ウェルター級 決勝】
2009年6月21日
千明祐介 2R 0:22 KO ニュージャパンキックボクシング連盟
「GO FOR BLOKE 〜ROAD TO REAL KING IV〜」
【NJKF新人王決定トーナメント ウェルター級Cブロック 1回戦】
2009年4月12日
清水祐一 1R 1:20 KO(左フック) ニュージャパンキックボクシング連盟
「START OF NEW LEGEND XIII 〜新しい伝説の始まり〜」
2008年11月9日
× 上田龍之介 3R終了 判定0-3 ニュージャパンキックボクシング連盟
「START OF NEW LEGEND IX 〜新しい伝説の始まり〜」
2008年7月27日
加藤大輔 3R終了 判定3-0 NAGOYA KICK 〜BoogieFight4〜 2008年5月11日

アマチュアキックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
黒木信一郎 KO KAMINARIMON名古屋大会
【70kgトーナメント 決勝】
2008年3月16日
浅井康成 KO KAMINARIMON名古屋大会
【70kgトーナメント 準決勝】
2008年3月16日
三野淳志 3分1R終了 判定 KAMINARIMON名古屋大会
【70kgトーナメント 1回戦】
2008年3月16日
上田龍之介 2分2R終了 判定3-0 ニュージャパンキックボクシング連盟
「BRAVE HEART (START OF NEW LEGEND III)」
【オープニングファイト アマチュアAクラス】
2008年3月9日

獲得タイトル[編集]

  • 第9代NJKFウェルター級王座
  • NJKFウェルター級新人王(2009年)
  • WBCムエタイ日本ウェルター級王座

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
健太
第9代NJKFウェルター級王者

2010年5月9日 - 現在

次王者
N/A