大周天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大周天(だいしゅうてん)は煉丹術気功法)の一つ。小周天に習熟した後に行われるもので、気功の中でも高度な技法であるとされる。

小周天が自分の身体に周りに気を通すのに対し、大周天では気によって人間と天地=大宇宙との交流を行う。天の気を百会から取り込んで衝脈に流し、両足と仙骨を通して大地へと出す。そして大地の気を両足と仙骨から取り入れて衝脈に流し、百会から出すというプロセスになる。

任督二脈に気を巡らすものを小周天、手足全体に巡らすものを大周天とする見方もある。