大丹波川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バス停「小中茶屋駅」付近の大丹波川の風景。

大丹波川(おおたばがわ・おおたんばがわ)は、奥多摩町東部の大丹波地区の中を流れる多摩川の支流の1つ。 JR青梅線川井駅の近く「奥多摩大橋」辺りで、多摩川と合流する。 水が大変澄み、綺麗で、岩魚(イワナ)や山女魚(ヤマメ)も生息し、山葵(ワサビ)が育つだけでなく、夏場は地元の子供たちの水遊びの場所にもなる。

地理[編集]

  • 奥多摩町東部の川乗山の中腹から、北から南に流れる。大丹波地区を縦断し、大丹波住民の生活を支える川である。
  • 川乗山への登山コースにもなっている。川井駅から清東橋まで西東京バスで行き、大丹波川沿いに登り、獅子口小屋跡の湧き水を通り、長沢背稜から続く尾根をたどり、曲ヶ谷北峰経由のコース(途中、ショートカット可)である。

生息する主な魚[編集]

生息する主な動植物[編集]

川沿いにある主な施設[編集]

大丹波国際ます釣場で毎年夏に開催される親子釣り体験教室。

管理釣り場の先駆け的な存在として昭和34年に設置。場所は、大丹波地区のバス停「南平」近く。 設立のきっかけは、横田基地の米軍が釣りを楽しむ場所として、奥多摩町長のアイデアだった。全長1キロの管理釣り場の中に、ルアーコーナーも併設。付近の管理釣り場の中でも規模は大きい方で、休日は多くの家族で賑わい、年間3万人ほどが訪れる。釣れる魚はニジマスイワナヤマメである。

  • 清東園キャンプ場 - 川井駅から4.3kmの距離にあるキャンプ場。
  • 中茶屋キャンプ場 - 川井駅から4.6kmの距離にあるキャンプ場。
  • 百軒茶屋キャンプ場 - 川井駅から4.8kmの距離にある、大丹波地区で最も山奥にあるキャンプ場。

参考文献[編集]

  • 『奥多摩町史』(奥多摩町)
  • 『わたしたちの奥多摩』(奥多摩町教育委員会)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]