大ヒマラヤ山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大ヒマラヤ山脈(だいヒマラヤさんみゃく、英語: Great Himalaya Mountains)は、ヒマラヤ山脈系の中で最も高い山脈である[1][2]。これには、パキスタン中国インドネパールチベットの山々が含まれ、世界で最も高い山であるエベレスト、その他の「最も高い山々」であるK2カンチェンジュンガローツェナンガパルバットなどが大ヒマラヤ山脈の一部である。この山脈の西から東への総延長は2,400キロメートルあり、その平均標高は6,000メートルになる。またガンゴートリー氷河サトパンス氷河Satopanth Glacier)などの名だたる氷河もある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]